観葉植物・インドアグリーン

【観葉植物コバエ対策】ボタナイス粘着剤タイプを使ってみたレビュー。挿すだけ簡単!

観葉植物・インドアグリーン
スポンサーリンク

観葉植物や多肉植物の鉢土から湧き出てくるコバエ…コバエ…コバエ!!!

インドアグリーンを楽しむうえで非常に厄介な存在です。

コバエを退治したいけれど、室内だから薬剤は使いたくないし…。というときにおすすめのグッズ「ボタナイス(BotaNice)土からわいたコバエ退治」を使ってみて、効果抜群だったので紹介します。

粘着剤タイプのコバエ捕獲器の使い方や安全性、どれだけコバエが取れたのかなどをレビューします!

記事後半には虫の画像が出てくるため、苦手な方はご注意ください。

スポンサーリンク

「ボタナイス(BotaNice)土からわいたコバエ退治」とは?

ボタナイスは、アース製薬株式会社が展開する、観葉植物・多肉植物のコバエ対策グッズです。

  • 「ボタナイス土にまくだけ虫退治」(粉タイプ)
  • 「ボタナイス飛びまわるコバエ退治」(スプレータイプ)
  • 「ボタナイス土からわいたコバエ退治」(粘着剤タイプ)

2021年4月現在、3つの商品をラインナップしています。

ボタナイス土からわいたコバエ退治

何を血迷ったか、観葉植物の用土に腐葉土が入ったものを使用してしまい、卵が混入していたのか、夏になると土からコバエがわんさかわいてくる惨事に…。虫がわきやすい腐葉土・堆肥などが入った用土は、室内には本当におすすめできません。

こういう室内用のちゃんとした土を使うべきだったんだなあ…。

土の上をウロウロ歩き回って、たまに飛び回るハエたちをダイレクトに退治したかったため、土に挿す粘着剤タイプを選びました。

ボタナイス土からわいたコバエ退治

パッケージ裏面の説明書きによると、土からわいたハエは「キノコバエ」で、歩いて移動する性質があって、大好きな緑色に寄ってくるのだそうです。

キノコバエは、腐葉土や堆肥などの有機物から発生するコバエです。うちのコバエも絶対キノコバエだわ!

ボタナイスの緑色のプレートは、キノコバエの性質を考慮した色・形なんですね~。

スポンサーリンク

「ボタナイス(BotaNice)土からわいたコバエ退治」の使い方

ボタナイス土からわいたコバエ退治

さっそく使ってみます。

粘着剤が付いたプレートは、くっつかないようにプラケースに入っています。なんだかアンパンマングミに見えてしまいました…(笑)

ボタナイス土からわいたコバエ退治

使い方はとても簡単&シンプル。コバエが気になる土にプレートをサクッと挿しこむだけです。

プレートの下部がコバエを誘導する形状になっていて、土と平行になるように挿すとより効果的なよう。コバエが歩きたくなる形なんですね。

粘着剤が結構強力なので、手や植物の葉、土に付いてしまわないように注意する必要があります。

ボタナイス土からわいたコバエ退治

プレートを表面から見るとこんな感じ。緑色&リーフ型なので、植物のそばにあるとわりと目立ちにくいかも!

「ボタナイス(BotaNice)土からわいたコバエ退治」は効果ある?1日後・2週間後の使用結果!

ボタナイスを土に挿してどれだけコバエが取れたかを紹介します!

以下、モザイクなしの虫の画像が出てくるため、苦手な方はご注意くださいませ。

まずは、土に挿した翌日の様子を!

ボタナイス土からわいたコバエ退治

1日で結構とれてる!!

プレート下部の誘因部を中心に、1プレートあたり5~10匹くらいのキノコバエが捕獲されていました。プレートの上のほうに付いているハエは、飛んできたのかな?

たった1日でこの効果は、かなり期待できそうです。

続いて、設置から2週間後にはどうなったかというと…。

ボタナイス土からわいたコバエ退治

コバエがびっしり!(笑)

粘着剤を埋め尽くすほどのコバエがとれています。コバエの繁殖力は恐るべきものですが、これでだいぶ数を減らせたのではないかと思います。

このボタナイスや、100円ショップでも買える黄色の粘着シート、ボタナイスのスプレータイプなどを併用して、翌年にはほとんどコバエが出なくなりました!

ダイソーのムシとりシートについては、別の記事でも紹介しています。

【観葉植物のコバエ】100均ダイソーのガーデンムシとり器(ハエ取り紙)が効果バツグン!
観葉植物のコバエ問題は深刻です。観葉植物の土からコバエが湧き出てきて、部屋中をコバエが飛び回っている…。癒しを与えてくれるはずの観葉植物なのに、ぷんぷん飛び回るコバエはストレスの原因になってしまいますよね。なんとかしたいコバエだけど...

ボタナイス粘着剤タイプのメリット・デメリット

ボタナイス土からわいたコバエ退治

粘着剤タイプのボタナイスを使ってみてわかった、メリット・デメリットは以下です。

メリット

  • 殺虫成分不使用においも無いので室内でも安心して使える。
  • 土からわくキノコバエに効果大
  • 使い方がめちゃくちゃ簡単。死んだハエが落ちないので掃除も必要無し

デメリット

  • コバエの数が多いときは、単体では根絶は難しいかも。
  • キノコバエ以外のハエ(生ごみにたかるショウジョウバエ・チョウバエなど)には効果が期待できない。
  • やや値段が高い(4枚入りで800円くらい)
  • どこでも売っていなくて手に入りにくい(私の個人的な印象です)

殺虫成分を使っていないので、安全性という点ではボタナイスの3商品のなかでもピカイチでしょう。

ちなみに、スプレータイプのボタナイスも使ったことがありますが、こちらは小鳥を飼っていたり、魚の水槽があるお部屋では使えないようです。我が家の柴犬(中型犬)には特に影響はありませんでしたが、やっぱりちょっと気になってしまいますよね。

また、スプレーしたあとに死んだコバエが床にたくさん落ちているので、虫が苦手な方には掃除がちょっとしんどいかも…。

ただ、部屋全体のコバエに効くので、粘着剤タイプより一度に駆除できるハエの数は多かったです。ペットを飼っていないなら、粘着剤とスプレーを併用するのがベストでしょう。

ちなみに、土にまく粉タイプはにおいがするため(においが少ないとは書いてあるが…)、室内ではちょっと使いたくありません。おそらくオルトランのような独特なにおいがするのだろう…。

ボタナイス粘着剤タイプがおすすめな人

  • ペット(特に小鳥などの小動物)・子どもがいるご家庭
  • においに敏感な人
  • キノコバエだけを退治したい人
  • 死んだハエの掃除をしたくない人

このような人にはとってもおすすめな商品です!

デメリットの部分でも書きましたが、ホームセンターなどであまり売っていない(私は5店舗くらい回ってやっと見つけました!粉やスプレーはいろいろな所で売っているのに…)ため、お近くで見つけられそうにない方は通販がおすすめです。送料はかかりますが…。

ハエの数が多すぎる場合や、ショウジョウバエなど他のハエも一緒に退治したいときにはスプレーも検討してみてください。

土にまく粉タイプは、アブラムシにも効果があるようです。

コバエはすさまじいスピードで増殖します!見つけたら早めの退治がおすすめですよ~!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
この記事を書いた人
小原らいむ

ラクにお得にガーデニングを楽しむ方法を、日々研究しているライターです。
手間のかからない植物や、ラクできる育て方のコツを中心にお届け!節約に役立つ、100均やコストコの園芸グッズも紹介しています。

小原らいむをフォローする
\記事が気に入ったらシェア/
スポンサーリンク
LIMEGREEN