アマゾン Kindle Unlimitedならガーデニング本も読み放題!無料体験はこちら>>
植物ショップ 植物スポット

夏の風物詩。浅草寺ほおずき市に行ってきた!

植物ショップ

7月9日・10日にかけて開催された、浅草寺のほおずき市に行ってきました。

この2日間は、「四万六千日(しまんろくせんにち)」と呼ばれる縁日です。この縁日にともなって、東京都台東区の浅草寺境内にたくさんのほおずき屋台が並びます。

目に鮮やかなほおずき目当てに、たくさんの人が訪れており活気にあふれていました。浅草寺ほおずき市の雰囲気や、ほおずきの値段などご紹介します!

スポンサーリンク

浅草寺ほおずき市の基本情報

四万六千日・ほおずき市は、浅草寺境内で開かれます。浅草寺へは、東京メトロ銀座線浅草駅・都営地下鉄浅草線浅草駅・つくばエクスプレス浅草駅・東武スカイツリーライン浅草駅から、徒歩5分ほどでアクセス可能。

都営バス・台東区循環バスめぐりん各線でも行けますよ。浅草寺には駐車場がないので、車で行く場合は近隣のパーキングを利用します。

浅草寺ほおずき市の開催日

例年、曜日は関係なく7月9日・10日の2日間にわたって開催。開催時間は9時~21時までです。平日でも、お仕事終わりに寄れますね。

7月10日は、浅草寺に参拝すると4万6000日分の功徳が得られるとされている「功徳日」です。このことから、「四万六千日(しまんろくせんにち)」と呼ばれています。

4万6000日は年数に換算すると、およそ126年!一生分の功徳が得られるということですね…。

そんな素晴らしい7月10日の参拝は、江戸時代にはすでに定着しており、前日の9日から参拝客で境内があふれるようになったそうです。そして、9日・10日の両日が縁日になりました。

この縁日にあわせて、ほおずき市も開催されるようになります。ほおずきは昔、薬用にされていたこともあったんですよ。

浅草寺ほおずき市の混雑状況

私がほおずき市に行ったのは9日の夕方ごろでしたが、人が多すぎて歩けないほどの混雑ではなかったです。にぎやかでしたが、最近の浅草はいつでも観光客であふれているイメージなので、特別混んでいるとは感じませんでした。

ほおずきの露天もたくさんあるので、並ばなければ購入できないといったことはまずないと思います。

参拝も並ぶことなくできました◎四万六千日の提灯が出ていますね。

スポンサーリンク

浅草寺ほおずき市の様子

とにかくたくさんのほおずきの露店が並びます。100くらいはあるのかな…?歩いていると、「ほおずきいかが?」と威勢のよい声をかけられます。夏祭りのにぎやかな雰囲気を味わえますよ。

ほおずきのラインナップは、鉢(2500円)・枝付きほおずき(1000円)・ばら売りほおずき(100円~)といったところ。価格はどの露店も同じでした。

鉢物のほおずきには、風鈴がセットになっています。風鈴は単品だと500円だそうです。

ばら売りは、1個(100円)~買える店もありました。鉢は持って帰るのが大変だけど、ちょっとしたお土産にばら売りのほおずきを、というのもいいですよね。

いろいろ見て回っていると、どれがいいかわからなくなってしまうのでフィーリングで選ぶしかないかもしれません(笑)購入するとき、「実がたくさん付いている株が欲しい」「小さめの株がいい」「緑色の実が多い株が欲しい」などと要望を伝えれば、お店の方がぴったりのものを選んでくれますよ!

オレンジ色の大きい実が特徴の「丹波ほおずき」と思われるほおずきがほとんどですが、緑色の小さめの実がなる「千成ほおずき」も一部の露店で販売していました!

私は、どのほおずきを選んだらいいのかわからなくなってしまい、結局かわいいおまけが付いている露店を見つけ、そこで購入しました。ほおずき・ひまわり・あさがお・うちわの小さなおもちゃセットです。かわいい~!(笑)もちろん風鈴も付けてくれますよ。

夢中でほおずきを見ていたら、いつの間にか薄暗くなってきました。露店にも明かりがともり始めます。夜のほおずき市もロマンチックでキレイなんじゃないかな。

食べ物の屋台も出ているので、食べ歩きも楽しそう。

ほおずきは多年草。来年も実を楽しもう

こちらが買ってきたほおずきです。「緑色の実が多めのものを」と露店のお姉さんにお願いしました。

鉢が傾いてしまいそうなほど、しっかり茂った立派なほおずきでした。土付近の実が若干腐りかけていたので、取り除いておきます。

日当たりのよい場所でしっかり管理して、来年も実を楽しむぞ!

【送料無料】ゲキハナのほおずき市!「ほおづき鉢植え風鈴のおまけつき!」 ホオズキを買って四万六千日分のお参りのご利益にあやかっちゃいましょう!【ラッピング・メッセージカード不可・2鉢まで同梱可能】 ほうずき ほうづき

価格:3,240円
(2019/7/11 21:51時点)
感想(26件)

通販でもほおずきが購入できますね。

まとめ

浅草寺ほおずき市に行き損ねた…という方は、文京朝顔・ほおずき市(2019年7月20・21日開催)、神楽坂まつりのほおずき市(2019年7月24・25日開催)などを要チェック。

夏祭りのような非日常の雰囲気が楽しめるほおずき市でした!

この記事を書いた人
小原らいむ

ラクにお得にガーデニングを楽しむ方法を、日々研究しているライターです。
手間のかからない植物や、ラクできる育て方のコツを中心にお届け!節約に役立つ、100均やコストコの園芸グッズも紹介しています。

小原らいむをフォローする
\記事が気に入ったらシェア/
LIMEGREEN